ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2011.06.06 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.09.26 Wednesday

地中美術館

07-09-26_12-58.jpg帰りの飛行機の関係で、直島での滞在時間は3時間。
とりあえずバスで終点の地中美術館まで行き、ひとつ戻ってベネッセアートミュージアムを流し、港にとんぼ返り。

地中美術館(画像の右上、崖の上あたり)、建築とアートが一体になっていて、展示内容が変わることはないと知っていても、また行って見たいと思う場所だった。
人があんまりいなくて、天気が良くて、鑑賞コンディションとしてはかなり良かったことも、よかったと思う。
まあ、ちょっと入館料が高すぎるかなーという感は否めませんが。

次回はぜひ、ベネッセハウスに泊まって、ゆっくりしたい。
2007.09.26 Wednesday

乗船

VFSH0346.JPG瀬戸内海の海風は、全然潮臭くないしべたべたしない。
驚くほどに爽やかでさらさらしている。
それはフェリーに乗って、海の上でデッキに出ても、変わらなかった。
何でだろう。
単に湿度が低いとかそういうことなんだろうか?
何はともあれ、あまりに気持ちよくて気が遠くなる。
2007.09.26 Wednesday

往復でだいたい3000段くらい

VFSH0345.JPG近くの「おがわうどん」で釜玉うどん(大変美味しかった)を食べてから、こんぴらさんに昇った。
「しあわせさん。こんぴらさん。」という黄色い横断幕がはためくこんぴらさん。
往復で上り下りした階段は、正確なところはわからないけど、3000段を超えるのでは。汗かいた。
上りは全身運動で、主に太ももにくるが、下りは体全体の負担は上りほどではないが、集中的に膝下にくる。それがまたつらかった。
本宮に辿りついて一息ついたと思ったら、勢いで、奥社まで行ってみた。奥社の社務所は、最高のビュウスポットと思われる。

これが人生最初で最後なのかも。と思いながら眺める景色。
(次に香川にくるときは、こんぴらさんに上ったことがある人としか来れないね。と、友人と言い合った。もしこんぴらさんに上ったことが無い人と来てしまったら、話をそらしたりして、何とか回避するだろうね、と。まあ、多分また数年も経てば、もう一度上る気にもなるかもしれないけど、直後の今はまだとてもとても)
香川は、山のかたちが面白いところだなあと思った。
信州のように稜線が連なった壁のような山ではなくて、本当にお椀をひっくり返したような、単独完結型の山が多い。

疲労困憊でふもとに戻り、金時いもソフトが沁みた。
この往復に堪えた、カスタネールのエスパはすごいと思う。
2007.09.26 Wednesday

しまなみ海道

VFSH0344.JPG天気がいまいち。
これはぜひリベンジして、晴天のしまなみ海道を走りたいと思う。いつか。
2007.09.26 Wednesday

千光寺

VFSH0343.JPGしまなみ海道への夢が膨らむ眺め。

2007.09.26 Wednesday

倉敷で雨に遭う

計画から手配、実施まで超スピーディーだった、今回の西日本への旅。
倉敷→尾道→しまなみ海道わたって→道後温泉→こんぴらさん→直島、というプラン。
天気予報は全日程晴れ、ということだったので、全くの晴れ仕様での旅支度で。
Powered by
30days Album
PR