ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2011.06.06 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2006.11.12 Sunday

谷中・千駄木・根津

最近週末となると滅多矢鱈と歩いている。
というのは、週末は過食気味になるのでそうでもしないと甚だ憂鬱な月曜を迎えるであろうことを恐れてのこと。きちんと節制してゆったりDVD鑑賞や読書などして過ごしたいのはやまやまなのですが、ここ最近はそんな感じで。
いつもはだいたい家から前後2駅くらい先まで、本屋とか映画館まで行くついでに歩いていたのだけど、それもいい加減飽きたので、気分転換にまず電車に乗ってみた。

どこへ行こうかと考える。
定期券内で行ける所が望ましい。なおかつ、化粧も服装も雑なので、人ごみは避けたい。
そんな条件にピタリはまる場所がひとつ思い浮かぶ。谷中。
とりあえず西日暮里で降りて、諏訪台通りを日暮里方面へ。
日曜の午後3時過ぎの、静かな谷中界隈。散策してる人やアマチュアカメラマンがちらほら。
木枯し一号が吹いたとのことで風は冷たいが、西へ傾きかけた日差しはまだ暖かい。東京の紅葉が進むのはこれから。
この界隈は寺(墓地)がとても多く、したがって緑も多い。道が細いので車はあまり通らない。そして坂と路地の町だ。どの要素もしっくりと馴染んでいて、浮き上がって風景を乱すものがない。カメラを手にした人が多いだけあって、どこもかしこもフォトジェニック。
全然似ても似つかないが、ちょっとパリのモンマルトルみたいかも。上野(芸術の森)にも近い。
左右の細い路地がとても魅力的だが、深入りはせずにとりあえず進み、谷中銀座も横目に通り過ぎて、さんさき坂を千駄木方面へ。要所要所で不動産屋の看板をチェック。うーんそんなには安くない。けど住むにはかなり良さそうだ。文京区と台東区の狭間あたり。

千駄木駅を通り過ぎ、団子坂を昇って降りて、本郷通りへ。本郷通りを少し南下して、根津神社。
20061112_218288.JPG来たのはこれがはじめて。思っていたよりも広い。「鳥居をくぐると良い」という刷り込みがあって、稲荷道の赤い鳥居をすかさず。
でもいつもなぜか、お賽銭を投げ入れて手を合わせた瞬間は、頭が真っ白になってしまい、願い事が空転する。
黒人のハーフのかわいい女の子が七五三のお参りに来ていた。
猫が寝ていたり、石の上で読書する人など。静寂に包まれた境内。なんて平和な。

根津神社の目の前にあった店で、松任谷由美おすすめの「焼きかりんとう」500円をお土産に買う。まだ家には東京カリントから送ってきたお詫びのかりんとうがたくさんあるというのに。
谷中の墓地郡の端っこを掠めて言問通りへ。日が翳ってかなり風が冷たくなる中、藝大方面に出て、上野公園の陶器市を少しだけ覗き、駅へ。
約2時間半の散策。疲れはしないけど、体が冷え切ってしまった。
もういよいよ秋も深まれり。
Powered by
30days Album
PR